ブログ

夏と珈琲

2021.06.03

こんにちは。直営店の伊藤です。

少しずつ湿気が出始めている三重県津市。
雨が降る日も多くなってきたように感じます。

私は一年中夏でも良いぐらい夏が好きなのですが、
珈琲豆にとって夏は厳しい季節です……!

珈琲の弱点は

・光
・酸素
・水
・温度

これらになります。

つまり、日差しが強く湿気があり、
気温の高い日本の夏は
大変保存の難しい時期なのです……!

この中でも温度と水は特に要注意で、
温度が10℃上昇する毎に
コーヒーの劣化速度は何と2倍になります!

湿度に至っては35%以上で
劣化が早まるという事なのでもう大変……!


対策としましては、ご購入後の豆を
すぐ密閉容器に入れて頂くことです。
透明な容器でも大丈夫ですが、
光でも劣化してしまうので長期保管には向きません。

常温の場合はキャニスター(缶)をご使用頂き、
暗所で保存するのが一番です。

この夏はぜひ、珈琲をしっかりガードしてみてください。

☆新品の缶は開けにくいので、画像2のように
両親指で押し上げると簡単に開きますよ!


株式会社富士珈琲
伊藤 博賢

  • 夏と珈琲
  • 夏と珈琲